コンテンツマーケティングとSEO対策の違いがわからないという方は多いのではないでしょうか。

それぞれ異なるマーケティング手法ですが、複雑に絡み合った関係であるため、無理もありません。

しかし、違いを正しく理解した上で取り組まないと十分な効果を期待できないのも事実です。

そこで、本記事ではコンテンツマーケティングとSEO対策の違いについて紹介します。

また、コンテンツマーケティングとSEO対策の具体的な手法や費用、評価する方法などについても解説していますので参考にしてみて下さい。

本記事を参考にすることで、コンテンツマーケティングとSEO対策の違いを理解でき、集客のための効果的な施策を実行できるようになるはずです。

なお、弊社は石川県金沢市・かほく市を拠点として、コンテンツマーケティングも含めたマーケティングコンサルを行っている企業です。

実績も多数あり、無料相談も実施しておりますので、自社で行うのは難しいと感じた方はぜひ一度お問い合わせください。

コンテンツマーケティングとSEO対策の違い

コンテンツマーケティングとSEO対策の違いを下記にまとめました。

まずは確認して下さい。

コンテンツマーケティングSEO対策
目的コンバージョンを得るサイトへのアクセス数を増やす
対象潜在顧客・見込み顧客潜在顧客・見込み顧客
手法オウンドメディア、動画、SNSなどでコンテンツを配信する内部施策、外部施策、コンテンツ制作など

コンテンツマーケティングの特徴

コンテンツマーケティングは、コンテンツを活用したマーケティング手法です。

見込み顧客に価値のあるコンテンツを提供し、コンバージョン(ユーザーが起こすアクション)を得ることを目的とします。

具体的には、ターゲット層が求めているコンテンツを提供して信頼を獲得することで、最終的な成約や購買に結びつける形です。

なお、コンテンツマーケティングと言えば、ブログなどのオウンドメディアをイメージされがちですが、動画、SNSなど、さまざまなコンテンツを利用します。

ターゲットをしっかりと定めたうえで、活用するコンテンツを選定しても良いでしょう。

SEO対策の特徴

SEO対策とは、検索エンジンで自社サイトの表示順位を上げるための対策のことです。

表示順位を上げることで、サイトへの流入数を増やすことができ、集客力が大幅にアップします。

集客力をアップさせたい企業は、SEO対策の導入を検討してみて下さい。

なお、一言にSEO対策といっても、内部施策や外部施策、コンテンツ制作など、数多くの項目があります。

さまざまな項目でPDCAサイクルを回すことで、自社サイトのアクセス数増加を見込めるでしょう。

ちなみに、SEO対策はコンテンツマーケティングの一種でもあります。

コンテンツマーケティングをどのコンテンツで行うかにもよりますが、コンテンツマーケティングを行うにあたり、SEO対策は非常に重要になるので覚えておいて下さい。

コンテンツマーケティングの手法

改めて、コンテンツマーケティングは価値のあるコンテンツの配信を行い、コンバージョンを得ることを目的としたマーケティング手法です。

非常に効果的なマーケティング手法であるため、近年注目を集めています。

このため、コンテンツマーケティングの手法を知りたいという方は非常に多いです。

ここではコンテンツマーケティングの手法を具体的に紹介していきましょう。

コンテンツマーケティングで活用するコンテンツの種類

コンテンツマーケティングで用いられるコンテンツの主な種類は以下です。

  • 記事
  • 動画
  • メルマガ
  • ウェビナー
  • ホワイトペーパー
  • SNS
  • インフォグラフィック

それぞれ簡単に解説していきます。

「記事」

コンテンツマーケティングで特によく用いられるのは記事コンテンツです。

自社サイトや自社ブログなどにコラム記事や事例記事、HOWTO記事などを掲載します。

潜在顧客・見込み顧客に記事を通じて価値のある情報を提供することで、検索エンジンで上位表示されて長期的な流入を見込める手法です。

「動画」

動画コンテンツに力を入れている企業も多いです。

映像や音声で製品・サービスをアピールすれば、強い訴求力を期待できるためです。

最近ではYouTubeをはじめ多くの配信プラットフォームがあり、気軽に動画配信ができます。

「メルマガ」

メルマガは獲得したファンを育成するのに効果的な手法です。

実際に商品を購入した人や資料請求した人を対象にメルマガを配信します。

自社の製品・サービスについて興味を持った人に配信できるため、購入・再購入につなげやすいのが特徴です。

「ウェビナー」

ウェビナーはオンライン上で実施されるセミナーで、リアルタイム配信や動画公開などで行われます。

「ホワイトペーパー」

ホワイトペーパーとは、企業の概要や製品・サービスの基本情報などをまとめたコンテンツです。

企業や製品・サービスについての理解を促すのに向いているコンテンツと言えるでしょう。

「SNS」

SNSで公式アカウントを開設し、さまざまな情報を発信する企業は多いです。

むしろ現代でコンテンツマーケティングを行うのに、SNSは欠かせません。

直接ユーザーに発信することができるうえに、ユーザーからの要望や意見を集められるというメリットがあります。

「インフォグラフィク」

インフォグラフィックとは、伝えたい情報を図やイラストなど視覚的に表現して発信することです。

いろいろな場面で利用され、文字情報よりも訴求力が高いのが特徴です。

以上のようにさまざまな種類のコンテンツを活用して、コンテンツマーケティングが行われます。

自社に向いているコンテンツを選択するようにしましょう。

おすすめは、記事とSNSと動画の組み合わせです。

コンテンツマーケティングを実施する際の流れ

コンテンツマーケティングを実際に行う際の主な流れは以下の通りです。

  1. 課題を明確にする
  2. ペルソナ設計
  3. コンテンツ設計
  4. KGI・KPIの設定
  5. コンテンツ作成
  6. コンテンツ配信
  7. コンテンツの効果測定と改善

まずは何のためにコンテンツマーケティングを行うのかを明確にするために、自社の抱える課題の認識から始めることをおすすめします。

ビジネス上の課題を明らかにすることで、最終的な目標も定まることでしょう。

課題や目標を定められたら、それらを踏まえた上でペルソナ設計をします。

ターゲットについての具体的な顧客像を固めていくステップです。

ペルソナ設計でターゲットが明確になれば、効果的なコンテンツ設計ができます。

ペルソナ設計をした上でニーズに合ったコンテンツの設計をするのが次のステップです。

コンテンツ設計の際には、カスタマージャーニーマップの作成が役立ちます。

カスタマージャーニーマップとは、顧客が自社を認知してから購買に至るまでの流れをまとめた図です。

カスタマージャーニーマップによりターゲットの行動原理が可視化され、コンテンツ設計を考えやすくなります。

コンテンツ配信の結果測定をするためのKGI・KPIの設計も重要です。

KGIとはマーケティングの最終目標、KPIは中間目標と考えましょう。

KGIやKPIの設定では、さまざまな指標が用いられます。

以上を踏まえた上で実際にコンテンツ作成を行い、配信するのがコンテンツマーケティングの主な流れです。

もちろん、コンテンツを配信しただけで終わらず、結果の分析もきちんと行わなければいけません。

配信したコンテンツの効果測定を行い、改善を行うことで、コンテンツマーケティングの効果を高められるでしょう。

なお、ターゲット設定については以下の記事について解説しています。

SEO対策の手法

SEO対策はコンテンツマーケティングにも必要となる技術です。

一緒にしてしまう人がいるということは、裏を返せばそれだけ親和性の高い要素であるということになります。

この項では、SEO対策にはどのような手法があるのか、どのような流れで行われるのか詳しく紹介しましょう。

SEO対策の施策種類

SEO対策ではさまざまな施策が実行されますが、主な施策は以下の3つです。

  • 内部施策
  • 外部施策
  • コンテンツ制作

内部施策はホームページ内部構造の最適化です。

具体的には、タグの見直しやクロールの最適化などを行うことで効果が期待できます。

一方、外部施策はホームページ外部からの影響の最大化です。

対象サイトと関連性のあるサイトからのリンクを増やすことで、SEO対策としての効果が期待できます。

SEO対策で重要なことはコンテンツSEO

SEO対策を行う上で特に重要な手法はコンテンツSEOです。

コンテンツSEOとは質の高いコンテンツを発信して検索エンジンからの流入を増やす手法とされています。

コンテンツSEOに力を入れることで検索順位が上がり、多くの集客を期待できるでしょう。

ちなみに、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一種であり、単にサイトの流入を増やすだけではなく、購買へつなぐことも踏まえることが大切です。

購買意欲の高いユーザーの流入を増やし、購買・成約につなぐことがコンテンツSEOの最終目標といえます。

SEO対策の流れ

SEO対策を進めるための主な流れは以下です。

  1. 自社サイトの分析
  2. ペルソナ設計
  3. キーワード選定
  4. コンテンツ企画
  5. SEO施策の実施
  6. 効果検証と改善

まずは自社サイトの分析を行い、現状を把握します。

その上で自社製品・サービスのターゲットについてペルソナ設計をしましょう。

そして、設計したペルソナに訴求できるキーワードを選びます。

以上を踏まえた上で実際にコンテンツの企画設計を行い、コンテンツを作成。

並行して、自社サイトの内部施策や外部施策も進めます。

実際にSEO対策をした後は、効果検証を行った上で必要な改善策を講じましょう。

コンテンツマーケティングやSEO対策にかかる費用

集客は非常に重要ですが、最も気になるのは費用対効果でしょう。

費用対効果を知るためには、コンテンツマーケティングやSEO対策を行うためにどのくらいの費用がかかるのか知っておく必要があります。

もちろん一概に言えるものではありませんが、相場を紹介しましょう。

自分たちでやる場合は費用がかからない

自分たちでコンテンツマーケティングやSEO対策に取り組む場合は、特に費用はかかりません。

専門的な知識を要するため決して容易ではありませんが、現状分析からペルソナ設計、コンテンツ作成、配信などを自社のリソースを用いて進めることができれば、掛かる費用は人件費だけです。

ただし、コンテンツマーケティングやSEO対策を進める上で便利なツールがたくさんあり、有料のツールを利用する場合は費用が発生します。

また、コンテンツを配信する際に外部プラットフォームや外部メディアを活用する際に費用がかかる場合もあります。

コンテンツマーケティングやSEO対策を外注する場合の費用相場

コンテンツマーケティングやSEO対策を外部の専門家に外注する場合は費用がかかります。

コンテンツマーケティングにしろSEO対策にしろ、継続して発信することが重要であるため、外注する場合は月額制のサービスを利用するケースが多いです。

費用はどの規模で依頼するかによって大きく異なりますが、月額で10万円から50万円程度が相場でしょう。

ただし、大規模で依頼をする場合は、100万円程度かかるケースも多いです。

なお、外注費が高いと悩んでいる方は弊社にご相談ください。

弊社では相場より安く、かつ品質の高いコンテンツマーケティング代行・SEO対策代行を提供しています。

無料相談も行っていますので、一度お問い合わせください。

コンテンツマーケティングやSEO対策を評価する手法

コンテンツマーケティングやSEO対策は、結果を評価して次に活かすことが大切です。

いくらコンテンツを発信しても、やりっぱなしでは期待する効果が見込めません。

この項では、コンテンツマーケティングやSEO対策を評価するのに、どのような手法があるのかを紹介します。

コンテンツマーケティングの評価指標

コンテンツマーケティングの結果を評価するのに使われる指標はたくさんあります。

主なものを以下にまとめました。

  • 検索順位
  • 記事本数
  • ページビュー
  • SNSシェア数・フォロワー数
  • 口コミ発生数
  • コンバージョン獲得数

コンテンツマーケティングとして展開するコンテンツの種類や、新規顧客・既存顧客のどちらをターゲットとするのかでも、適切な評価指標は変わります。

例えば、自社サイトコラムのコンテンツマーケティングを行う際、検索順位を上げることは非常に重要ですが、ニッチキーワードでばかり上位表示を取って、ページビュー数を増やせていなければ意味がありません。

最適な評価指標を用いて結果を把握し分析・修正を行うことを繰り返すのが、コンテンツマーケティングのポイントです。

SEO対策の結果を測定する指標

SEO対策の結果を測定するために活用される指標はたくさんあります。代表的なものを以下にまとめました。

  • 検索順位
  • 被リンク数
  • 直帰率・離脱率・滞在時間
  • コンバージョン率

SEO対策は検索順位を上げることを目的としているため、検索順位は重要な指標です。また、検索順位に影響を与える被リンクの数もチェックしておきたい指標といえます。

また、サイト内のコンテンツを評価するために直帰率・離脱率・滞在時間も重要です。それぞれの指標の意味については以下を確認して下さい

  • 直帰率:サイトにアクセスした最初のページから別のページへ遷移せずにサイトを離脱した人の割合
  • 離脱率:サイトにアクセスし他のページを閲覧してからサイトを離れた人の割合
  • 滞在時間:ユーザーがアクセスしたページに滞在している時間

最終的にコンバージョンを得ることが重要

コンテンツマーケティングにしろSEO対策にしろ、最終的な目標は自社の製品やサービスの売上を伸ばすことです。

そのため、コンバージョンを得ることを目的としてコンテンツマーケティング・SEO対策に取り組む必要があります。

コンテンツマーケティング・SEO対策の結果を評価する際には、コンバージョン率やコンバージョン数を重視しましょう。

例えば、サイトの検索順位が高くてもコンバージョン率が低ければ意味がありません。

さまざまな指標を用いて、どうすればコンバージョン率を高められるのか試行錯誤することが重要です。

コンテンツマーケティング・SEO対策の事例紹介

地元の新鮮な農産物を提供するオンラインマーケットプレイスを運営しているGreen Foodsの売上が大きく伸長した事例を紹介します。

Green Foodsの成功の鍵は、地域密着型のコンテンツマーケティングとSEO対策でした。

提供する農産物に関連した情報や、農家の紹介、料理レシピなどをブログ記事として掲載し、消費者に価値を提供。

地元の特産品やイベントに関連するキーワードに特化したSEO対策を行い、検索エンジンでの視認性を高めました。

この戦略により、Green Foodsは地元の消費者からの信頼を勝ち取り、ウェブサイトへのトラフィックを大幅に増加させることができました。

こういった成果の出せるコンテンツマーケティングやSEO対策を自社でするのは容易ではありません。

専門知識を有した社員がいる場合は別ですが、所属していない場合はプロへ依頼することも検討してみて下さい。

なお、以下のコンテンツマーケティングの事例については詳しく解説しているので参考にしてください。

コンテンツマーケティングとSEO対策の違いを理解しておこう

自社の製品・サービスの売上を伸ばすためには、コンテンツマーケティングやSEO対策が重要です。

自社サイトへの流入を増やし、見込み顧客の育成を行い、購買・成約へと結びつけるためには欠かせません。

しかし、SEO対策とコンテンツマーケティングの違いを理解できていないような状態では、期待するような効果を出すことは不可能です。

このため、本記事ではコンテンツマーケティングとSEO対策の違いについて紹介しました。

コンテンツマーケティングとSEO対策の具体的な手法や費用、評価する方法などについても紹介しているので、参考にしてみて下さい。

なお、弊社は石川県金沢市・かほく市を拠点として、コンテンツマーケティングも含めたマーケティングコンサルを行っている企業です。

実績も多数あり、無料相談も実施しておりますので、自社で行うのは難しいと感じた方はぜひ一度お問い合わせください。