コンテンツマーケティングは、近年注目を浴びているマーケティング手法の一つです。
企業ブログやコラムを通じて潜在顧客に働きかけることができます。

しかし、いざ読者に役立つ情報を発信しようとしても、以下のような悩みを持つ方も多いでしょう。

• どのような内容の記事を書けば良いのか分からない
• 書いた記事が読まれるかどうか心配
• ターゲットをどうやって設定すればいいのか分からない

そこで、本記事ではコンテンツマーケティングにおけるターゲット設定の重要性と具体的な手順について解説しています。

本記事を読むことで、どのような記事をどのような人に向けて発信すれば良いのかが明確になり、ネタ探しの困難も解消されるため、無駄な記事を書くことも減ります。

ぜひ、本記事を参考にして、コンテンツマーケティングの成功に役立てましょう。

なお、弊社は石川県金沢市・かほく市を拠点として、コンテンツマーケティングも含めたマーケティングコンサルを行っている企業です。

実績も多数あり、無料相談も実施しておりますので、自社で行うのは難しいと感じた方はぜひ一度お問い合わせください。

コンテンツマーケティングにおけるターゲット設定の重要性

コンテンツマーケティングは読者に有益な情報を提供することで、潜在顧客に働きかけ商品・サービスの購入に結び付ける手法です。

即時の販売を促進するというよりも、広告とは異なり潜在顧客のニーズに応えることで購買意欲を高めます。

そのため、コンテンツマーケティングにおいては、ターゲット設定の意味と重要性を理解したうえで、コンテンツの制作や発信に反映させることが重要です。


本章では、ターゲット設定の重要性やターゲットとペルソナの違いについて詳しく説明します。

ターゲット設定を適切に行うことで、効果的なコンテンツマーケティングを展開することができるので、確認するようにしましょう。

なぜターゲットを設定する必要があるのか?

コンテンツマーケティングは潜在顧客になりうるターゲットを明確にしたうえで、読者が関心を持つ情報を提供することが大切です。

ターゲットを明確にしたうえで読者が関心を持つ情報を発信し続けることで、ファンを獲得して最終的には顧客に育てていくことができます。

なお、ターゲットを広く定めてしまうと、全員に共感するコンテンツを作るか、膨大な情報を提供しないかぎり成功は難しいので注意が必要です。

また、関係のない情報が多いと、長期的なファンになりにくく、無視される可能性も高くなります。

したがって、ターゲットを絞り込み、必要な人に効率よく情報を提供するようにしましょう。

ターゲットとペルソナの違い

ターゲットの明確化手法の一つに、ペルソナがあります。

ペルソナとはお客さんになり得る一人の人物を具体的に特定し、性別や年齢、性格、趣味などを詳しく設定し、その人に向けて情報を提供する手法です。

ターゲットと混同されやすいですが、別物なので覚えておきましょう。

なお、どんなビジネスでもターゲットは設定する必要がありますが、ペルソナは必要に応じて使うようにしてください。

ターゲットは細かく設定しすぎると制約が生じることもあるので、必ずしも必要であるとは言えません。

コンテンツマーケティングでは必要な人に必要な情報を提供できることが重要なので、状況を見極めてペルソナを活用すると良いでしょう。

コンテンツマーケティングにおけるターゲット設定のメリット5つ

コンテンツマーケティングにおいてターゲット設定のメリットは、以下の5つが挙げられます。


• メリット1:ターゲットを絞って顧客にアプローチできる
• メリット2:他社との差別化になる
• メリット3:長期的なファンを獲得できる
• メリット4:マーケティング施策を改善できる
• メリット5:リソースを効率的に活用できる

それぞれのメリットについて詳しく解説しましょう。

メリット1:ターゲットを絞って潜在顧客にアプローチできる

ターゲットを絞りこむことで、具体的な潜在顧客に対してより効果的なアプローチができます。

例えば、スポーツ用品のブランドが若いアスリートをターゲットにする場合は、若いアスリートが関心を持ちやすいコンテンツを提供することで効果が得られやすくなります。

具体的にはトレーニング方法や栄養情報、アスリートのインタビューなどが、若いアスリートに取って魅力的なコンテンツと言えるでしょう。

反対に、全年齢層をターゲットにしてしまうと、幅広いニーズを満たすために一般的な情報を提供する必要があり、特定のターゲットに響くコンテンツを作ることが難しくなります。

メリット2:他社との差別化になる

コンテンツマーケティングでは、ターゲットを絞ることで他社との違いを出せます。

例えば、総合ジムがたくさんあるエリアで小さなパーソナルジムを始める場合に、一般的なフィットネス情報を提供しても注目されにくいでしょう。

しかし、肩こりに特化した情報を発信すると、肩こりで悩んでいる人たちが興味を持ち、ジムの顧客になる可能性が高くなります。

具体的には、肩こりの対策やストレッチ、トレーニング方法、原因や予防法など、肩こりに関する情報を提供すると良いでしょう。

このように、他社と比べて規模で劣る場合は、特定の領域でターゲットを絞って、読者に興味を持たれるような情報を提供することがポイントです。

メリット3:長期的なファンを獲得できる

ターゲットを絞ることで、長期的なファンを獲得しやすくなります。

その理由は、ターゲットが求めるテーマに関する情報を継続的に提供しやすくなるためです。

例えば、高級志向の化粧品メーカーが、全般の情報でなく50代や60代の女性向けスキンケアに特化した情報を発信することで、ターゲットの年齢層からファンが生まれやすくなります。

このように、長期的なファンを獲得するためには、ターゲットのニーズや関心に合わせたコンテンツを提供することが大切です。

ターゲットを絞ったうえで、ターゲットが求める情報を提供することで、ファンを増やしていきましょう。

メリット4:マーケティング施策を改善できる

コンテンツマーケティングにおいてターゲットを絞ることで、マーケティング施策の改善が行いやすくなります。

ターゲットに合わせた情報を提供することを考えればいいため、読者のニーズに寄り添った情報をリサーチし、コンテンツを制作することで改善できます。

具体例として、ファッションブランドが10代の女性を主なターゲットにして、マーケティング施策を改善した事例を紹介しましょう。

事例のファッションブランドはマーケティングに慣れておらず、全年齢層に受けることを考えて情報を提供していました。

しかし、当然といえば当然ですが、全くと言っていいほど反響はありませんでした。

それが、10代の女性を主なターゲットに絞り、10代の女性向けに最新のトレンドやおしゃれなコーディネートの提案などを発信することで、大きな反響を呼ぶことができたのです。

また、10代の女性に届きやすいSNSやインフルエンサーを活用して、ターゲットの日常や関心事に合わせたコンテンツを提供することで、掛け算式に反響は増えました。

このように、広範囲に情報を発信するのではなく、絞って的確に情報を発信することで、読者や顧客の悩みや要望が明らかになり、マーケティング施策に反映させることが容易になります。

メリット5:リソースを効率的に活用できる

コンテンツマーケティングではターゲットを絞ることで、限られた資金や人員のリソースを効率的に活用できます。

ターゲットの範囲を広げてしまうと、多くの情報を作り出して幅広い層に満足させる必要が生じるためです。

コンテンツを制作するために多くの人や外注のコストが必要で非効率と言えるでしょう。

その点、ターゲットを絞れば、制作に必要な人数を減らしたり、外注のコストを抑えたりすることができます。

結果、リソースを効率的に活用できるため、長期的に見るとコストパフォーマンスが向上し、効果的なマーケティング施策を展開することが可能です。

コンテンツマーケティングにおけるターゲット設定の手順

コンテンツマーケティングにおけるターゲット設定の手順は、以下の4つの手順になります。

STEP1:ターゲット層を特定しよう
STEP2:ペルソナを作ってみよう
STEP3:ターゲットに合わせたコンテンツを作成しよう
STEP4:適切なチャネルを選ぼう

それぞれの手順について詳しく解説します。

解説した手順を参考に、コンテンツマーケティングにおけるターゲット設定に役立てましょう。

STEP1:ターゲット層を特定しよう


商品やサービスを販売する際には、直接購入に繋がるターゲット層を特定する必要があります。

一方で、コンテンツマーケティングでは、潜在顧客になりうる層をターゲットに設定して必要な情報を提供します。

具体的にどのような層をターゲットにしたいのかを明確にイメージしましょう。

年齢、性別、居住エリア、職業、興味関心、購入履歴などを大まかに絞り込むことが重要です。

ただし、あまりにも極端に絞り込むと制約が生じる可能性もあるので注意しましょう。

なお、具体的なイメージが難しい場合は、身の回りの人を想像したり、アンケートを活用したりすることも有効です。

上記を参考に、コンテンツマーケティング戦略において潜在顧客となりうるターゲット層を特定し、ファンを獲得していきましょう。

STEP2:ペルソナを作ってみよう

コンテンツマーケティングにおいて、情報を発信する際には、STEP1で特定したターゲットを、より具体的にするためにペルソナを設定しましょう。

例えば、ターゲットが「30~40代の健康意識の高い男性」と幅広い場合のペルソナを設計してみましょう。

ペルソナ設計では

• 35歳の会社員
• IT企業に勤務
• 収入は700万円
• 最近は筋力トレーニングに興味を持っている
• 趣味はマラソンと料理

など、具体的な人物像を設定します。

まるでその人が実在するかのように細かく設定することで、ターゲットのニーズに合致するコンテンツを作りやすくなります。

具体的なペルソナ設定ができれば、より効果的なマーケティング施策が展開できるでしょう。

STEP3:ターゲットに合わせたコンテンツを作成しよう

設定したターゲットに合わせたコンテンツを制作しましょう。

例えば、ターゲットが「子育て中のママ」であれば、子育ての悩みや子供の健康に関する情報を提供することが重要です。

育児中のママが興味を持つテーマにフォーカスして、子供の食事レシピや遊びのアイデアなどを発信しましょう。

また、ターゲットが「ビジネスパーソン」であれば、仕事の効率化やキャリアアップに関する情報を提供すると良いでしょう。

具体的なビジネスツールの活用法やスキルアップのコツを発信して、ターゲットのニーズに応えましょう。

このように、ターゲットに必要な情報やアドバイスを提供することで、ターゲットに響くコンテンツを作り、ファンを獲得することができます。

STEP4:適切なチャネルを選ぼう

コンテンツを作成したらターゲットにふさわしいチャネルを選び、情報を発信しましょう。

ターゲットに有益な情報を作っても、選んだチャネルが合っていなければ情報が届かない可能性があります。

そこで、ターゲット層に応じた適切なチャネルを選ぶと良いでしょう。

例えば、美容に興味のある若い女性をターゲットにしているなら、InstagramやYouTubeなどのSNSが効果的です。

企業ブログを活用してコンテンツを発信するだけでなく、SNSを活用して情報を広めると良いでしょう。

コンテンツマーケティングは広告やセールスではなく、読者の関心に合った情報を提供することが重要ですので、複数のチャネルを組み合わせて展開することをおすすめします。

ターゲットを設定してコンテンツマーケティングを成功させよう

コンテンツマーケティングの成功には、ターゲット設定が欠かせません。

本記事では、ターゲット設定の重要性を説明し、具体的な設定方法やターゲットの見つけ方を紹介しました。

既にターゲットを持っている方でも、本記事を読むことで、より深い理解と具体的な設定方法が得られることでしょう。

コンテンツマーケティングを成功させるためにも、本記事を参考に適切なターゲット設定を行い、魅力的なコンテンツを提供し続けるようにして下さい。

なお、弊社は石川県金沢市・かほく市を拠点として、コンテンツマーケティングも含めたマーケティングコンサルを行っている企業です。

実績も多数あり、無料相談も実施しておりますので、自社で行うのは難しいと感じた方はぜひ一度お問い合わせください。