LPとホームページ、この2つの違いがわからないマーケティング担当者も多いでしょう。

実際に、Webマーケティングに参入する人が最初に直面する疑問かもしれません。

ランディングページとホームページ、一見同じWebページのように思えますが、実際には目的や構造に大きな違いがあります。

本記事ではホームページとLPの違い、LPとホームページで成果を出すために大切なポイントについて解説します。

なお、弊社は石川県金沢市・かほく市を拠点として、ホームページ制作やLP制作、運用代行も含めてマーケティングコンサルを行っている企業です。

実績も多数あり、無料相談も実施しておりますので、自社では難しいと感じた方はぜひ一度お問い合わせください。

広義の意味でのLP(ランディングページ)とHP(ホームページ)の違い

LP(ランディングページ)とHP(ホームページ)は、それぞれの目的と使用されるシナリオによって異なる特性を持っています。

LPとは、一般的に特定のキャンペーンや商品、サービスに関連した情報を提供し、訪問者を特定の行動(購入、サインアップ、問い合わせなど)に導くことを目的とした単一ページです。

広告やメールマーケティングなどから訪れるユーザーが初めて「着地」するページであることから「ランディングページ」という名称で、略してLPになります。

通常はデザインとコンテンツが最適化されており、ユーザーが目標とするアクションを行いやすいように設計されているのが特徴です。

一方、ホームページは企業や組織の全体的な存在を表現するウェブサイトのエントリーポイントであり、一般的にはそのウェブサイトのドメイン名(URL)に対応しています。

訪問者に対して、企業やブランドの詳細情報、さまざまな情報へのナビゲーション、企業のミッション、サービスや商品、ニュースやブログ記事、連絡先情報など、多岐にわたる情報を提供するのがホームページです。

LPは効果的なコンバージョンを促進するもの、ホームページは企業や組織の全体像を描き、ブランディングと信頼性の向上に寄与するもの、と覚えておきましょう。

マーケティングにおけるLP(ランディングページ)とHP(ホームページ)の違い

マーケティングにおけるLPとホームページの違いを簡単に表にまとめました。

 LPホームページ
運用の目的と用途商品の販促、CV重視情報提供とブランディング
集客方法広告オーガニック
ページ数1ページ複数ページ
外注費用安く済ませられる高い
効果測定の目的CPCの最適化検索エンジン最適化
運用期間一定期間半永久的

上記のように、マーケティングにおいても、LPとホームページは全く異なります。

どのように異なるのか、詳しく解説していきましょう。

運用の目的や用途が違う

LPとホームページは、その目的や用途が大きく異なります。

LPは特定のアクションをユーザーに取らせること、つまり「コンバージョン」を重視しています。

例えば、商品やサービスの購入、メールアドレスの登録、資料ダウンロードなどです。

一方、ホームページは、ブランディングや情報提供が主な目的です。企業の概要、サービス・商品情報、ニュース・ブログなど、広範な情報を掲載して、会社の信頼性やブランドイメージを高めます。

ただし、ホームページも問い合わせフォームを設置するなど、ユーザーに何らかの行動を促すこともあります。

集客の方法が違う

LPとホームページでは集客の方法も異なります。

LPは一般的に広告によりユーザーを集めます。Google AdsやSNS広告などを使って、特定の商品やサービスに興味のあるユーザーを直接LPに誘導するのが一般的です。

一方、ホームページはSEOによるオーガニックな集客が主です。コンテンツの質や更新頻度、内部・外部リンクの最適化などを行い、Googleなどの検索エンジンで高い順位を獲得し、ユーザーをオーガニックで集客します。

用語解説:オーガニック集客は売上アップに繋がる確率が高い集客方法のこと

ページ数が違う

LPとホームページは、ページ数が違います。

LPは基本的には1ページで、ユーザーが一度に全ての情報を見ることができるように作られます。

一方、ホームページは複数ページで構成され、企業情報、サービス・商品情報、ニュース・ブログなど、多岐にわたる情報を提供します。

制作の外注費用が違う

LPとホームページでは、外注費用の相場も異なります。

LPは一般的に1ページ分の制作費用になるため、ホームページ制作費用と比較するとコストは比較的低く抑えることが可能です。

一方、ホームページは複数ページ構成となるため、その分、制作費用も高くなることが一般的です。

ただし、ホームページもページ数や機能、デザインの複雑さなどによって費用を大きく抑えることもできますし、LPも目的やデザインの複雑さによっては費用が高くなる場合もあります。

LPは入念な効果測定が必要

LPは一般的に広告等で集客するため、入念な効果測定が必要です。

CVRやCTRなどの指標を元に、リスティング広告等のCPCを最適化します。

これにより広告の投資効果を最大化し、広告コストを最小化することが可能です。

用語解説:
・CVR(コンバージョンレート):Webサイト訪問者のうち問い合わせなどそのWebサイトの最終成果に至った件数の割合のこと
・CTR(クリック率):ユーザーに広告が表示された回数のうち、広告がクリックされた回数の割合のこと
・CPC:広告リンクやバナーを1クリックされるごとにかかる費用のこと

ホームページは継続的な運用が必要

ホームページで集客やブランディングをしたいのであれば、継続的なコンテンツ更新やSEO施策が必要不可欠になります。

集客やブランディングに必要な検索エンジンの結果ページでの上位表示を達成するためには、継続的なコンテンツ更新やSEO施策を行うことが欠かせないためです。

しかし、継続的なコンテンツ更新やSEO施策を行うためには、サイト設計、キーワードの見直し、ユーザーの行動分析に基づくページの改善リライトといった風に、業務は多岐にわたり専門的な知識が必要になります。

このため、自社で運用する自信がないという方は、外注も検討してみましょう。

豊富な知識と経験を持った業者に依頼することで、期待以上の結果が得られるはずです。

LP(ランディングページ)で成果を出すために大切なこと

LPは単に制作するだけでは期待した結果は望めません。

満足できる結果を残すためには、ポイントを押さえておく必要があります。

ここでは、LPで成果を出すために重要なポイントを解説していきましょう。

綿密なペルソナ設定

LP制作では、特に綿密なペルソナ設定が必要です。

ペルソナとは、商品やサービスのターゲットとなる顧客像を具体的に設定したもので、その人が抱える問題やニーズ、価値観などを詳細に書いたものを指します。

LPは広告などで特定の悩みをもった人にアプローチすることが多いため、結果を残すためにはペルソナに合ったメッセージやデザインの提供が欠かせません。

このため、LP制作を行う際は、まずはペルソナの設定を綿密に行うようにしましょう。

なお、ペルソナ設定の方法としては、まず商品やサービスが解決したい問題を明確にします。

次にその問題を抱えているであろうユーザーの年齢、性別、職業、趣味などの基本的な属性から、その人が抱える可能性のある具体的な悩み、ニーズ、価値観を深堀りしていくことで綿密な設定が可能です。

なお、ペルソナの設定に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

構成(大枠)から作成する

LPの作成では、まず全体の構成(大枠)を決めることが重要です。

具体的には、LPの目的(商品やサービスの申込み、資料のダウンロードなど)に合わせた情報提供のフローを設計し、どの部分で何を訴求するのかを明確にします。

ページの上部に商品やサービスの特徴やメリットを簡潔に提示し、その後で詳細な説明、クライアントの声、Q&Aなどを配置する形が一般的でしょう。

その最後にCTACall to Actionを設けて、ユーザーにアクションを促します。

ユーザーの不安点を先回りして解決する

ユーザーが自社のサービスを利用する際に抱くであろう不安や疑問を、事前に解消する工夫も大切です。

そうすることで、ユーザーがサービスに対してポジティブな印象を持ち、アクションを取りやすくします。

では、どのような工夫があるのでしょうか?

例えば、以下のような工夫が挙げられます。

  • Q&Aセクションを設けてよくある質問に答える
  • 詳しいサービスの説明や使用例を掲載する
  • 安心して利用できる理由(保証・サポート体制など)を明示する

LPを制作する際は、上記を参考にしてみて下さい。

効果測定を行う

LPの運用では、定量的な指標(CVR・CTR・CPC・CPAなど)を用いた効果測定を行います。

これにより、どの部分がユーザーのアクションに結びついているのか、どの部分が改善の余地があるのかを把握し施策を考えます。

例えば、CTR(クリック率)が低い場合は広告の文言やデザインの見直し、CVR(コンバージョン率)が低い場合はLP内の訴求メッセージやCTAの配置・文言の見直しなどを行うと効果的です。

このように、ユーザーの反応に基づいたPDCAサイクルを回すようにしましょう。

HP(ホームページ)で成果を出すために大切なこと

ホームページで成果を出すためには、SEOやデザインなど、やらなければいけない運用がいくつかあります。

ここでは、ホームページで成果を出すために大切なポイントを解説していきましょう。

SEO対策について理解する

SEO(Search Engine Optimization)対策とは、ウェブサイトを検索エンジンが評価しやすい形に改善し、検索結果ページでの順位を上げるための戦略的な取り組みを指します。

ホームページにおいては、あらゆるキーワードで上位表示を獲得することが重要であり、そのためにはSEO対策が欠かせません。

ちなみに、SEO対策は大きく分けて、内部SEOと外部SEOの二つの側面があります。

内部SEOは、ウェブサイト自体の改善活動です。

具体的には、キーワードの適切な配置、内部リンクの最適化、メタデータの充実、ユーザビリティの改善、ウェブサイトの高速化などが含まれます。

一方の外部SEOは、ウェブサイト以外での活動です。

具体的には、他サイトからのリンク獲得やSNSでの引用数増加などが主な施策です。

これらのSEO対策を適切に行うことで、検索エンジンからの評価を高めることができ、検索結果ページでの表示順位を上げられるため、結果としてホームページへの訪問者数も増やせます。

サブディレクトリにブログを作成する

ホームページ単体では取れるキーワードに限界があります。

特に、競争が激しい業界や商品・サービスでは、主要なキーワードで上位表示するのが困難です。

そこで有効なのが、ホームページ内にサブディレクトリを作成しブログ形式でコンテンツを追加する方法です。

具体的には、ブログコンテンツを通じて商品やサービスの詳細情報を提供する、関連する業界情報やノウハウをシェアする、顧客からのよくある質問に答えるなどの形で、多様なキーワードを取り込むと良いでしょう。

継続的なコンテンツ投稿

SEO対策の観点から見ると、ホームページには継続的に新たなコンテンツを投稿しないといけません。

フレッシュネスなコンテンツを提供し続けることで、検索エンジンがサイトを定期的にクロールしに来るため、新たな記事のインデックスが早くなります。

また、定期的に新しいコンテンツを提供することで、ユーザーに対しても一貫した情報提供を行い続けることができるため、リピート訪問の促進やブランドへの信頼性向上につながるでしょう。

ただし、コンテンツの継続した作成は言うほど容易くなく挫折する企業も多いため、自信がない場合は初めから外注することをおすすめします。

デザインにこだわる

ホームページのデザインは、その企業や商品・サービスのブランドイメージを形作る重要な要素です。

そのため、ブランディングを意識した運用を行う場合には、デザインにこだわる必要があります。

良いデザインは、ユーザーが一目で自社のサイトだと認識できるような印象を与え、情報の伝達を明確で分かりやすくなるので、ユーザーはサイトをリピート訪問しやすくなり、ブランドに対する親近感や信頼感が生まれます。

また、デザインの良さが口コミとなり、指名検索の増加につながることも多いので、デザインを意識したホームページ制作を心掛けましょう。

なお、弊社はホームページの制作にも絶対の自信を持っています。気に入らない場合は全額返金するようなサービスも行っていますので、ぜひ一度無料相談を受けてみて下さい。

LP(ランディングページ)やHP(ホームページ)を外注する際の制作会社選びのポイント

LPやホームページを制作するにあたって外注するのであれば、制作会社選びは重要なポイントです。

  • 実績と口コミ
  • 得意ジャンル
  • 効果測定を行ってくれるかどうか
  • 返金システムがあるかどうか

制作会社を選ぶ際は、上記のポイントを確認するようにしましょう。

実績と口コミを確認する

ホームページ制作またはLP制作を依頼する際、制作会社の過去の実績や他の顧客からの口コミを確認することで、会社の信頼性や技術力をある程度把握できます。

実績については、制作したウェブサイトのデザインや機能性、SEO対策の効果などを確認すると良いでしょう。

また、口コミについては、サービスの質や納期の遵守、アフターサポートなど顧客満足度を測る指標にもなります。

得意ジャンルを確認する

制作会社によっては、特定の業界や分野、ウェブサイトのタイプ(例えばECサイトやメディアサイト等)に特化していることがあります。

仮にそういった制作会社に得意でないジャンルを依頼してしまうと、期待するような効果は見込めません。

自社の業種やニーズに合った得意分野を持つ制作会社を選ぶようにしましょう。

効果測定を行ってくれるか確認する

LPやホームページを制作するだけではなく運用も外注する場合は、効果測定を適切に行ってもらえるのかも把握して選びましょう。

ホームページやLPの制作にあたっては、その効果を定量的に評価することが重要です。

このため、依頼を検討している制作会社が、CVR、CTR、CPC、CPAといった具体的な数値を用いて効果測定を行い、その結果に基づく改善策を提案してもらえるかどうか、確認を行うようにしましょう。

返金システムがあるかどうか確認する

制作会社を選定するポイントを紹介してきましたが、違う業界の方が上記を用いて完璧にベストな制作会社を選定することは不可能です。

このため、満足できなければ返金という返金システムを取っている制作会社に依頼することをおすすめします。

弊社も同様ですが、そういった制作会社は自社の制作能力に自信があるため取っている可能性が高いためです。

しかも、万が一満足できなくとも返金がされるためリスクもありません。

基準の一つとして知っておくようにしましょう。

LP(ランディングページ)とHP(ホームページ)の違いを把握して使い分けよう!

LPとホームページは運用の目的や用途、外注費用の相場、集客の相場など、さまざまな側面で違いがあります。このため、それぞれで成果を出すためには、本記事で解説したポイントを事前に把握しておくことが大切です。

本記事を参考にLPやホームページ制作に取り掛かってみて下さい。

なお、弊社は石川県金沢市・かほく市を拠点として、ホームページ制作やLP制作、運用代行も含めてマーケティングコンサルを行っている企業です。

実績も多数あり、無料相談も実施しておりますので、自社では難しいと感じた方はぜひ一度お問い合わせください。